よくあるご質問|田島建設株式会社

よくあるご質問

*

  • HOME >
  • よくあるご質問

素朴な疑問 

現在、私の住んでいる家は地震が来たときは、大丈夫なのだろうか?
絶対どんな地震に合っても壊れないという建物はありませんが、地震に強い建物であるかどうかは判断ができます。下記のチェックポイントを参考にして下さい。
① 敷地の地盤・建物の土台(基礎)がしっかりしている事。木造を建てる敷地が、軟弱地盤の場合はベタ基礎にするとか、地盤の調査をし、地盤改良や杭工法など、その敷地にあった工法を選定することが重要です。
②建物のバランスがよい事。建物の壁量が十分に配置されているか、また、縦方向・横方向ともに耐力壁(筋交いのある壁など)がバランス良く配置されているかどうか。(耐力壁が少ないと家は倒壊しやすい。)また、1階のピロティーや、大きな吹き抜け空間などはバランスを崩す要因となりやすい。屋根・壁が重くないかどうか。(上部が重ければ重いほど地震に対しては不利となります。)
③ 建物の老朽化が進んでいない事。建物の老朽化に伴い、土台の腐食やシロアリの発生など、また、建物の外壁のひび割れによる漏水などによって、建物本来の耐久力を維持できなくなる場合もあります。シロアリ対策や、外壁の塗り替えなどの対策を施しているかどうかが、重要となってきます。 

 

耐震と免震ではどう違うのでしょうか?
耐震については、土台・柱・梁・基礎などを、金物・筋かい・合板などで、ガッチリと固めて、構造体そのものの強度を高めて、地震の揺れに耐える構造であり、免震については、ゴム・ローラー・鋼球などによって、地震の震動を減少させる構造で、揺れが少なく、室内の家具の転倒をふせぐ効果は大きいのですが、コスト面ではまだ高価なので、一般的に、耐震を採用していることが多いのは事実です。
地質・地盤なぜ地盤調査が必要なのか?
住宅を建てるにあたって建築物を支えられる地盤状態かを調べる工事です。
調査を行なわないで、住まいを建ててしまい、建った後に建物が傾いたり、沈下したりしてしまったというケースもあります。これは、表面上の地盤が締まった状態にみえても、実はその下の地層が軟弱地盤だったりする為なのです。念願のマイホームが、手の施しようにない状態にならない為にも、建てる前に近隣のデータ・資料等を調査し、必要であれば地盤調査をやられることをおすすめします。
ページ先頭へ戻る