こだわりの注文住宅|田島建設株式会社

新築

*

制震住宅は必ず考えなくてはならない建築構造です。

image
我が国には、地震が起こらないところはありません。
さらに、大きな地震が起こる可能性も各地にあります。
私たちは、地震と付き合っていく以上、何らかの対策を考えなければいけません。

弊社は、地震に負けない強い家を建築の際には、お勧めしております。

建築基準法での構造上では、問題ない家でも、繰り返し起こる地震に対応できなければ、
建物のダメージがだんだん大きくなり、住むうえで支障が起こり始めます。

繰り返し起こる地震に対応し、損傷しても出来るだけ補修費用が軽減できる住宅を目指します。

実際、2011.3.11の震災の時、この制震住宅のシステムを採用して新築をした足立区内のお客様は
そんなに大きな揺れを感じず、後で大変な地震だった事を知りました。

これから新築をお考えの方は、是非、一度このシステムをプランに入れてみてください。
image弊社が採用している システム
トキワシステム 制震ダンパー

■あらゆる揺れに対応します
■建物の変形を1/2に抑えます。
■地震のエネルギーを半分にします。
■繰り返しに起こる地震(余震)からのダメージを抑え補修費用を軽減します。
■改築工事でも、採用できます。
image弊社が採用しているもう一つのシステム
地震エネルギー吸収システム[ジーバ]
GVA
■揺れを50%以下に抑えます。
■長く継続する強い揺れ、繰り返し発生する余震から建物を守ります。
■大地震の後 補修工事の費用を大幅に軽減します。

一棟ごとに最高の安心をご提供します

どんなプランにも設置が可能なので、間取りに制約がありません。
image
上の地図は昨年12月21日に地震調査研究推進本部が発表しました、
「今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率」の地図です。

 

ページ先頭へ戻る