建築NOW!|田島建設株式会社

建築NOW

*

  • HOME >
  • 建築NOW!

弊社のテクノロジー建築NOW

弊社はあなたの大切な建築のために、こんな技術を屈指して対応させていただきます。 

■大切な地盤調査

image地盤調査は安心を得るための第一歩です。
調査の結果を分析して、皆様の土地にあった地盤の改良
ご提案します。

■高品質・高強度な基礎

image弊社は基礎についても構造計算をいたします。軟弱地盤に対して有効なベタ基礎を標準仕様とし、縦筋をフック付きにすることによって地震時に起こる引き抜きを防ぎ荷重による鉄筋の広がりを防ぎます。
また、逆梁工法で開口鉄筋補強を施します。鉄筋はすべて13mmを使用。鉄筋の間隔も通常より狭く、柔軟で強靱な基礎になっております。

■在来軸組工法+壁工法

image在来工法の最大の利点は、自由設計。
プレハブ住宅やツーバイフォーなどの工法に比べて自由度が高いため、オープンリビングや吹き抜け空間も実現できます。外壁に壁パネルを貼ることで(壁工法)建物全体を一体化して強度を高めます。
このように弊社は耐震等級2以上が基準で、建築基準法を上まわる構造で施工しております。

■第三者機関に検査を依頼する

imageお客様の大切な建物を第三者機関の目でしっかりチェックします。
特に構造にかかわる配筋検査、躯体検査は第三者機関の厳しいチェックを受けることにより、お客様の大切な財産を守ることにつながります。

■冬の寒さ・夏の暑さを緩和

image弊社はお客様の快適な生活を考え、基本的にペアガラスをご提案します。
ペアガラスと樹脂アングルによる熱損失の低減、結露防止だけにとどまらず、
二階の厚さを和らげるための屋根裏断熱まで徹底しています。

■見えない所に良い品質を

image建物を支える土台は見えなくなってしまいますが、一番大切な部分。
経年による損傷をより少なくするため、基礎全周から空気を取り入れ、換気を増やして、湿気、白蟻から建物を守ります。

■安全で健康に住むために

image安全を最優先し、バリアフリーが標準仕様となっております。内装材はJIS規格で定められた最上級F☆☆☆☆建材を使用。
シックハウス症候群対策は万全です。
さらに24時間換気を併用し、室内環境にも配慮しております。

■安心の備え

image地震国日本において、『耐震+制震』はこれからの住宅には不可欠な工法と弊社は考えております。
『耐震+制震』は地震の揺れを1/2にします。よって建物全体の損傷を低減できます。
ワンランク上の安心をご提案します。

(オプション)
ページ先頭へ戻る